設備と管理12月号掲載記事
雑誌「設備と管理」12月号に弊社の記事が上記のタイトルで掲載されました。

201112h.gif

「3D見える化管理」の最先端 P46~51

工場やビルの配管やダクトなどは,目に見えない場所に複雑で入り組んだ状態で設置されているものが多い.この記事では,そうした設備の管理に有効な手法―3Dモデル(3D-CAD図面)を用いた「3D見える化管理」について,考え方やメリットなどを紹介する.

3D-CAD空調設備(ダクト)図面サンプル


※ 使用している3D-CADダクト図面モデルは、典型的な空調機械室をイメージし作成したもので、現存するものではありません。

3次元 (3D) モデル化のメリット

 空調衛生設備の業界における3次元(3D)モデル化は、効果的なプレゼンテーションのためのアニメーションやCG作成から、今日ではオーナーと従業員や業者間での情報共有、情報認識を深め、問題点の早期発見や様々な費用削減、保全・管理などで活用され始めています。弊社の特徴は、現場での実測調査をもとに3Dモデル化を進めることが可能なため、全く図面が無い場合でも現実に存在する空調衛生設備を忠実に3Dモデルとして再現することができます。

3D空調設備(ダクト)図面サンプル

2Dダクト図面が無くても大丈夫!3D空調機械室ダクト図面サンプル
種別ごとの色分けダクト図.png
ダクトの系統や機器、役割に対応させて図面に色塗りすることができます。
また、ダクトに限らず空調配管図面や機械設備図面についても実測による3Dモデリング(3D-CAD図面作成)が可能です。
この3Dダクト図面のCAD図面は、カラーコントロールの一例です。

※ 使用している3D-CADダクト図面モデルは、典型的な空調機械室をイメージし作成したもので、現存するものではありません。

3D気流解析サンプル

3D設備図面作成 (ダクト・配管など) をご要望される理由

  • ・ダクト、配管の図面がなくて空調衛生設備の管理が非常に難しい。
  • ・ダクトの系統ごとに色分けをして空調設備の「見える化」管理をしたい。
  • ・図面はあるけど、よく確認すると図面と実際が違っているので困っている。
  • ・ダクトが上下複雑に入り組んでいるので2次元図面だけではわかりにくい。
  • ・現場TPMの資料作りに時間がかかってしまうので3Dイメージを活用したい。
  • ・3Dダクトイメージを動画にしてインパクトのあるプレゼンテーションをしたい。
  • ・図面はあるけど増築を重ねてきたので、いくつも図面があって把握するのに時間がかかる。
  • ・天井裏のダクトと室内の吹出口、吸込口器具とのつながりをイメージできるようにしたい。
  • ・屋上に無数に設置されたダクトを管理したいが、屋上図面がなくてなかなか進まない。
  • ・新たなダクトを増設したいが、既設のダクトと干渉しないか3Dイメージで前もって確認したい。
  • ・局所排気設備の定期点検を実施するように指導されているが、排気設備のマップが整備されていない。
  • ・ダクト、配管の図面がなくてトラブルが起こった時の迅速な対応ができず、無駄なコストがかかってしまった。
  • ・海外の工場に重機を輸送する際、現地でも重機設置のレイアウトが容易にわかるよう3Dのレイアウトマップが準備したい。

menu1_6.gif